26508002_m

Q. ウェブコンサルとはどのようなものですか?

巷ではウェブコンサルというと、集客方法のご提案のようなものを指すことが多いようですが、当社における「ウェブコンサル」は、それとはまったく異なり、集客はコンサルの延長線上で発生し得る施策の一端に過ぎません

集客自体は非常に重要なことではありますが、当社におけるウェブコンサルとは下記の要点が前提となります。

  • お客様の立場に立ち、課題を解決するための手法を内部視点で見い出しご提案する
    顕在課題と潜在課題を明確にし、最適な解決方法をご提案します。一般的な制作会社の場合、売ることが利益になるため、コンテンツを作ったり、システムを作ることを解決の手法としますが、当社のウェブコンサルの場合、社内での運用方法や管理方法、作業の効率化なども踏まえ、提供することだけではなく、社内で生み出すことのできる解決案も踏まえ、ご提案させていただきます。
  • 制作会社やサービス会社からの提案や売り込みの内容に対して、第三者視点から、その有意性を査定し、お客様に共有する
    制作会社やサービス会社から提案されるコンテンツやサービスの必要性・有用性や金額感の妥当性をお客様の立場に立って査定し、適切な取捨選択をサポートさせていただきます。
  • お客様のITリテラシーの底上げの行うための勉強会やトレンド共有を実践する。
    ITに対する基礎的な知識をプロジェクトメンバーに共有させていただき、徐々にウェブコンサルの費用の削減も目指していきます。

以上の点により、感覚としては、専属のWEBアドバイザーと表現する方がしっくりくるかもしれません。

当社では、ウェブコンサルとして業務を請け負う場合、制作業務は、別途、すでにお客様が契約済みの制作会社や、当社とは別途で選別された最適な制作会社で制作業務を実施していただくことが基本となります。
これは、ウェブコンサルとして制作業務に対しても純粋な査定を行うことを前提としているからです。
但し、当社への制作依頼も非常に多く、制作業務を実施することが可能な環境や低価格で高品質な発注体制が整えてあります。お客様の状況や希望によっては当社で制作することが最適な場合に限り、一時的に制作業務を請け負わせていただく場合があります。
または、選定の度にお客様と制作会社との間に多くの契約書が必要となり、お客様に大きな負担になってしまうような場合、当社が制作会社を束ねるハブとなることもあります。
何より、お客様にとって最適な環境をご提供することが当社にとってのコンサルティングとなります。

金額に関しては、ウェブコンサルとして踏み込む深さにもよりますが、お客様の状況やコンサルの必要度合いなどを踏まえて、納得のできる契約プランをご用意させていただいております。

まずは一度、気軽にご相談ください。