42427810_mr-950x416s

モニターの明るさが暗いまま変更できない[Windows10にして困ったこと]

Windows10にした直後ではないのでWindows10が原因と明確に言えるわけではないのですが、あるときPCを起動してみるとモニターが暗い

通常であればデスクトップで右クリックをして[ディスプレイ設定]を選ぶとディスプレイの明るさの設定ができるのですが、PCの構成によってはそこでは明るさの設定が行えず、右クリックした際に、別の設定ウィンドウが表示される場合があり、そこで調整が可能となります。
私のPCはまさしく後者でした。

早速、ディスプレイを明るく設定しようとすると、設定上では暗く設定されておらず、設定を変更しても暗いままで明るくなりません。

困ったので暗いモニターを目を凝らしながら検索して調べてみると考えられる原因は2つあるそうです。
(ノートパソコンで、特にvaioに対して同様の困った声が多かったです。ちなみに私もvaioのノートです)

    1. ハード的にディスプレイの調子が悪いまたは故障している原因でバックライトが光らなくなってしまった。
      この場合は、画面が見えないに近いほど暗くなるそうで、私の場合、暗くはあるけど、見えなくない状態(明るさ設定で一番暗くした程度)だったので該当せず。
    2. グラフィックボードか何かのデバイスのドライバーが最新になっておらず、うまく動作しない。
      怪しいのはコレなので、対応してみることに。

対応方法としては、
ウィンドウズの検索ボックスに「更新プログラム」と入力し[Windos Update]を選びます。
[更新プログラムの確認]を選択して、該当するプログラムをアップデートさせます。

さっそくやってみたのですが、それっぽいアップデートはなかったのですが、とりあえず実施してみました。

完了後、再起動してみると、まだ暗いまま。

諦められないので、さらに、ウィンドウズキーとXキーでデバイスマネージャーを開き、該当しそうなもので[ディスプレイアダプター]を選択。
私の場合、Intel(R) Iris(TM) Graphics6100というのがあったのでプロパティを開いて、タブでドライバーを選択し、[ドライバーの更新]を実施しました。
何か更新されたようだったので、改めて再起動。

まだいまま。

さらに、またデバイスマネージャーを開き、該当しそうなもので[モニター]があったので選択。
汎用PnPモニターというのがあったのでこちらも同様に[ドライバーの更新]を行ってみると、最新であるとのこと。
汎用PnPモニターが何を指すのかがわからなかったのですが、もしかすると汎用モニターと別途入っているグラフィックドライバーが両方起動していて調子が悪いのか?
と思い、汎用モニター側で[無効]を選んでみました。が何も変わらず。

ここで一度諦めて、PCをシャットダウンし、電源ケーブルにつなげたまま、1日半ほど放置してました。
(その間、Windows10にしているものの暗くなっていないサブマシンがあったのでそちらで作業をしていました。)
※放置していた間に1回だけ起動させて、再起動させて、それでも暗いままなのを確認。

時間ができたので改めて、放置していたPCを立ち上げると、明るさが戻っていました。。。

結果的に、何をしたことが良かったのかわからないままですが、今のところ、暗くなることはありません。

考えられることとして

      • WindowsのアップデートでPC側がうまくアップデート内容を動作できていなくて暗いままだった。
      • 汎用モニターを無効にしたあと何かがうまくいった。
      • 私のPCはバッテリー状況でモニターの明るさを制御できるので、バッテリーがフルチャージされたことで何かがうまくいった。
      • 放置していた途中で再起動させたときに実は何かしらのアップデートがかかっていた。

あたりが怪しく、おそらくはどれか一つが要因というよりは複合的なものなのかと思います。

上記の現象が起きたPCは
vaio Z(vaio株式会社のモンスターPCとされていたものです。型番不明なので念のため)

追記>>>
サブマシン側も同様に画面が暗くなりました。
せっかくなので何をしたら直るのか検証してみようとしたところ、
最初に手を付けたのが
デバイスマネージャーを開いて汎用モニターを無効にしようと思ったところ、サブマシンには
モニターのところに別のグラフィックモニターが掲載されており、そこが無効になっていたので、有効にしただけで明るさが直りました。

サブマシンは
vaio Z 型番:VPCZ2(sony時代のvaio Zです)

PCによって直し方が色々と異なりそうです。。
厄介ですが同じ悩みを持たれた方は、自己責任の範囲で試してみてください。

 

2016/9/30 追記>>>
ウィンドウズの強制アップデートで、また同現象が発生しました。
ブログに対処法を書いておいて本当によかった。

今回は、上記対応の中の、
デバイスマネージャー > モニター
この中に汎用モニターっていうのが2つ表示されてて、そのうちの1つを無効にして、再起動したらもとに戻りました。

今回、2つ表示されていたのは、おそらく、現在、デュアルディスプレイにしているので
2つのうちの1つがデュアルディスプレイの拡張側で、もう一つが本体側。
本来は本体側は汎用モニターディスプレイではなく、本体側に組み込まれている“何か”なんだけど、ウィンドウズのアップデートで汎用モニターとして関連付けられてしまって、本来の機能が制御できずに、画面が暗くなる。

っていう推理です。
自己責任の下、対応してみてください。

 

この記事は役に立ちましたか?

役に立った

役に立たなかった