15603754_m

企業におけるWEB知識の学習方法

こういうお仕事をしていると、多くのお客様に「これからウェブに力を入れていきたい」と言われます。
だからこそ、当社のようなところにご相談にいらっしゃるわけですが。

中には「現在、ウェブに関して猛勉強中です」とおっしゃる方もいらっしゃるんです。
熱意をもって取り組まれる姿勢を見ると、こちらも気が引き締まる思いです。
新しい取り組みを行うのに無知であることは非常に危険なものです。ウェブを一つのプロモーション手段またはコミュニケーション手段とするのであれば、ウェブに関する知識は入れておいた方が良いです

ただ、ウェブの知識というのはとても広いものでして、私も、既に目いっぱいな頭の中に対して、さらに多くの知識を左の耳から無理矢理詰め込んでは、右の耳から零れ落ちるという。それほどに膨大な知識を頭の中に入れなければならないというのが実情です。
私はどのようにしているかというと、毎日、数十種類のIT系記事を読み漁り、横のつながりの方々とトレンドを共有したり、書籍も常に読み続けて、知識を“獲得し続けています”
それでもこぼれてしまう情報はたくさんあり、できる限り嗅覚を利かせながら大事な情報をこぼさないように必死なわけです。

さて、このようなことを、企業のウェブ担当者様が行うとどうなるかというと
毎日がウェブ漬けになり、夜寝ている時もウェブの夢を見るようになります。ウェブのニュースに吐き気がします。
最も良くないのが、ウェブに時間を割きすぎてしまって他の仕事が手につかなくなってしまいます。

それでも、中には、限られた時間の中で、一生懸命、本を読まれる方がいらっしゃいます。
それも決して悪いことではありません。
ただ「私が勉強した本にはこういうやり方が載っていたので、こうしてほしい!」
なんて言われても「そのやり方は2年前のやり方で、今はそんなやり方をしていないんです」
となるケースもあり、中途半端な知識が、かえって仇となることもあるのです。

では、いったいどうすれば良いのか。

非常に簡単です。
教えてもらってください。

知っている人から教えてもらうのが一番です。但し、ここで言う、「教えてもらう」というのはセミナーに参加するということではありません。
セミナーもトレンドなどをとらえていろんなことを教えてもらえますが、それはあくまでも対多数向けの教えです。
私がおすすめするのは、対個人向けの教えです。
自分に適した必要な情報を必要な分だけ教えてもらってください。

本を読んで学ぶ場合、わからないことに直面するたびに、わからないことを調べて学習する必要があります。
学生であれば、時間があるのでそういう学び方も良いでしょう。
しかし、ビジネスに時間の余裕はありません
わからない部分は聞いてしまいましょう。また、人に教えてもらう場合は、本には載っていないような
同規模の競合他社では一般的にどのようなことをしているかなども聞くことができます。

是非、教わるという習得スタイルをご活用いただき、よいWEB運用を行っていただければと思います。

なお、(ここからが本題です)当社ではウェブ担当者様にウェブに関する個人レッスンを実施しております。
レッスン時間やレッスン費用はお客様の希望に沿って調整させていただきます。
遠方の方でも受講しやすいチャットレッスンなどもご用意しております。
ご興味のある方は是非、お問合せください。