48103443_ml

スマホサイト表示を超高速化するAMP(アンプ)とは

スマホの普及により、巷ではスマホファーストなんていう言葉が普及してきたみたいで、私のお客さんでも、「スマホファーストってどうなんですかね?」なんていう質問をいただいたりしています。

スマホファーストっていうのは、スマホを優先して作られたサイトのことを言うんです。ちょっと昔なら、PC用のサイトを設計して、そのから、「じゃあ、スマホではどんな風に見せようか?」と考えていたのですが、スマホの閲覧率がうなぎ上りなサイトなどは、最初にスマホ用のサイトの設計を行って、「じゃあ、PCではどんな風に見せようか?」という発想になるわけです。これをスマホファーストと呼ぶわけですね。

それだけ、スマホに対する優先度が上がってきている昨今、登場したのが「AMP(アンプ)」なのです。
AMPというのはAccelerated Mobile Pages(アクセラレイテッド・モバイル・ページ)の略称で、簡単に言えば、AMPで記述されたページを、超高速表示するんです。
ウェブページであるにも関わらず、アプリを使っているような画面遷移を実現しているようです。
googleにデモサイトがあります。

http://g.co/ampdemo
※スマホで見てください。

このページから今話題になっているようなキーワードを入れてみてください。
私は最初に「amp」と入れたら、見てみたかったカルーセル表示ができなかったので、そのあとに「ベッキー」と入れたらうまく表示できました。(AMPという表記があるのがAMP対応ページです)

Screenshot_2016-02-28-20-21-56

画面にカルーセルの部分がありますが、ココを開くとサクサクと動くと思います。読み込みレスのような挙動、これがAMPの力です。

このようにgoogleで検索された結果を高速表示できるようになります。知りたいことをより最適な形でユーザーに提供したいというgoogleらしい考えですね。

TwitterでもすでにAMPの表示対応がされているようでtwitterのタイムラインのリンク先がAMP対応されていると高速表示されるようです。というのも、このAMPというのは、google社とtwitter社が共同で策定したものらしいので、この2社が先に立っているというわけですね。どうやらLINEも参入するようで、今後は他のSNSでも同様の動きがあるかもしれません。

となると是非AMP対応しておきたいところなのですが、このAMP(またはAMP HTML)は、きっちりとフォーマットに則る必要があるようで
「AMPで定義されているJS以外ほとんどが使用禁止」とか「禁止タグも多数」だったりで、サイト内の全ページをAMP対応するのは無理がありそうです。

とはいえ、Googleでは、このAMPがめちゃ推しされてたりしていて、今後、検索結果にも影響を与えるのでは?なんていう噂も。

AMP対応に関しては、いくつかの方法が考えられそうですが、現状のサイトを踏まえたうえで、戦略立てていく必要があります。

さて、ココからが本題です。当社では、「ウチのサイトのAMP対応はどうすれば良いの?」というご相談にも対応させていただいております。是非、気軽にご相談ください。