29469018_s

Q. レスポンシブウェブデザインって何ですか?

つい数年前まで、ウェブサイトを閲覧するデバイスは、パソコンもしくは携帯電話(フィーチャーフォン)でした。
ここ最近、スマートフォンの普及により、ユーザーの閲覧環境の幅が広がりました。

そのため、ウェブサイトを作る際には、各デバイスで最適な閲覧環境を作るために、パソコン用、フィーチャーフォン用、スマホ用とそれぞれのデザインやファイルを用意し、閲覧しているデバイスによって読み込むファイルを切り分けていました。

レスポンシブウェブデザインでは、閲覧している画面の横幅によって、レイアウトが最適化するというもので、Lab-ry Worksのサイトや当ブログもレスポンシブウェブデザインが適用されています。
もしパソコンから閲覧しているようであれば、ブラウザウィンドウの横幅を縮めてみてください。表示されているレイアウトが可変するのが分かるかと思います。
これがレスポンシブウェブデザインと呼ばれるものです。

レスポンシブウェブデザインのメリット

  1. htmlファイルがPC用、スマホ用で分かれておらず、単一ファイルで構成されているため、PCとスマホの両環境を1回で更新できる。
  2. タブレットやミニタブレットなどのスマホともPCとも言えないような画面サイズの環境でも最適化される。
  3. 単一のURLで閲覧されるため、アクセス解析などで集計がしやすい。

これだけでもレスポンシブデザインにしない理由はない。と思えてしまいますが、実はレスポンシブデザインにもデメリットがあるんです。

レスポンシブウェブデザインのデメリット

  1. 費用が高くなりやすい。(但しPCとスマホ両方作ることを考えると逆に安くなる場合もあります)
  2. どの環境で見ても、構成要素はほぼ統一しなければならない

特に2の方は、場合によって非常に不自由さがあります。ユーザーにとってはPCで閲覧するときと、スマホで閲覧するときとで、獲得したい情報が異なる場合があります。
スマホではサクッと購入したいと思うかもしれないですし、PCでは色々な商品やサービスと比べて購入したいと思うかもしれません。
このような場合、スマホで訴求する情報とPCで訴求する情報を別のものにしないと購入率が落ちてしまう可能性があります。

レスポンシブウェブデザインは便利な部分もありますが、対応するページの情報をしっかりと見極めて実施することをLab-ry Worksでは推奨しております。