20615691_s

パソコンから来る片頭痛について

当サイトに訪問してくれる方々は、パソコンを凝視する時間が長く、片頭痛に悩まれている方が多いのではないでしょうか?

私もその一人で、毎日のように頭痛薬を飲んで痛みを紛らわしていました。
毎日薬を飲んでいると、効きが悪い時もあったりして、頭痛に対するの悩みが絶えなかったので、つい最近、脳神経外科を専門でやっている病院に行って診察を受けてみました。
その内容が私にとってとても良い発見だったりもしたので共有させていただこうと思います。

レントゲンCTスキャンなども撮り、医師に看てもらったところ、まず
毎日起こる頭痛は、片頭痛ではない
とのことでした。
片頭痛とは月に数回程度起こる、耐え難い痛みを言うらしく、毎日頭痛が起こっている場合は、そのうちの数回は片頭痛かもしれないけど、ほとんどが片頭痛ではないということでした。

私の場合は緊張型頭痛と呼ばれるもので、主に肩こりなどが原因のようです。
CTで看てもらった脳の輪切りも何の異常もなく、逆に健康で若々しい脳だと言われました。
私の場合の緊張型頭痛を引き起こす肩こりの原因は、首の骨の形にありました。
通常の首の骨はキレイなカーブを描いているのですが私の場合はストレートになっていて首に負担をかけてしまっているそうです。
これは、もう生まれつきなので治すのが難しいようでした。ただ、原因が明確になったので、月に数回起こるかもしれないので数量の片頭痛の薬はいただきましたが、基本的には肩こりを解消するための薬をメインにいただき、改善にとりくんでいくことになりました。

まだ数日ではありますが、だいぶ頭痛に悩まされることがなくなり楽になりました。

もしかすると私のように原因がわからないまま、頭痛薬を飲み続けている方がいらっしゃるようでしたら、是非一度、専門の機関で看ていただくことをお勧めします。

私の場合は、新宿にある「喜多村脳神経クリニック」というところに行きました。
とてもわかりやすく教えてくれるのですが、初診というのもあり、CTやレントゲン撮影があったため、平日の14時に行ったにも関わらず、診察が終わったのが17時半でした。行く場合には時間にゆとりを持った方が良いかもしれません。

頭痛サイトも、お客様の悩みを解決していただくことをLab-ry Worksでは願っております。