39591506_s

モバイルフレンドリー対応アルゴリズムの影響について

4/21のモバイルフレンドリーインパクトを多くの業界人が注目していました。
私自身も関係クライアント様には伝達させていただいていたのですが、思いのほか、影響は軽微なもののようです。
少なくとも私のクライアント様でスマホの最適化ができなかったサイトでも下位に落ちてしまうような影響は今のところ見られていません
google側がスマホサイト構築を啓蒙するために行ったことではないか?
というような噂も流れているくらいです。

「せっかくスマホ対応したのに…」「高いコストかけてスマホ対応しなくてよかった」など、一喜一憂あるかもしれませんが、私の意見としては、やはりスマホ対応はしていくべきだと考えています。
私が担当させていただいているサイトの多くが、スマホ閲覧率50%程度となっているのが現状です。今後はスマホ率がさらに高まって、サイト閲覧のスタンダードデバイスはスマホになるのだろうと思っています。
そんな中で、スマホに最適化されていないサイトを提供するという事は、多くのユーザーに対して閲覧しにくい環境を提供しているということになり、結果的にコンバージョンを落としている可能性があります。
スマホの最適化に関しては、googleのアルゴリズム以上に、ユーザービリティを踏まえて対応していくべきかと思います。

Lab-ry Worksでは、低コストでスマホ最適化できるプランなどをご提供させていただいております。
まずは気軽にご相談ください。