030

ウェブ担当者必読!Windows10リリースで何が変わる?[前編]

先日のマイクロソフトの発表により、Windows10のリリースが2015年7月29日であることが周知されました。
Windows9になるという噂もありながら、9を飛ばして10へ。これはマイクロソフトとしても“飛躍”を意味しているのではないでしょうか。
(9を飛ばした理由には他にも諸説ありますが、ココでは割愛させていただきます)
何よりも、windows7、8、8.1からは1年間無償アップデートが可能となっているだけに、多くのユーザーがwindows10を使用する可能性がありますね。

新しいOSやブラウザがリリースされる度に、既存サイトが正しく表示されるか、機能しているか確認する必要があり、ウェブサイトの在り方も左右されるようなことがあります。そのため、我々、ウェブ関係者にとっても、こういったOSのメジャーアップデートには、注目すべきポイントになります。

今回のWindows10ではどのような変化が起きるか。事前理解をしておきましょう。

当記事では、まず [前編]でWindows10の主な特徴をご紹介し、[後編]では我々のウェブサイトに対してどのような影響が考えられるのか、私の見解を述べさせていただきます。

私見的な部分も盛り込まれてしまいますがお役に立てていただければ幸いです。

 

Windows10の主な特徴

 

Windows10のコードネームは「Threshold」(スレッショルド)でした。意味としては「境界」のようなものを指す言葉のようで、Windows8でも意識されていた多デバイス対応が意識されているようにも受け取れます。それは今回のWindows10の特徴でも表れています。


デスクトップモードとタブレットモードのスイッチング

これはWindows10の最も大きな特徴なのではないかと思います。

Windows8.xでは、タブレットでも操作しやすい環境を用意したという印象がありましたが、Windows10では、それをデバイス毎(デバイスの状態毎)に切り替わるようになりました。サーフェイスが例にすると、サーフェイスのキーボードを付けた状態だとUIは今までと同様のPCのデスクトップ画面になります。しかし、キーボードを外すことで、PCがタブレットモードになると、自動的にUIがタブレットに適したモダンUI(Windows8.xのウィンドウズアプリを起動したときのような全画面表示されたタブレットで操作しやすいUI)に切り替わります。

このようにWindows10ではPCの状況やデバイスによってUIが切り替わるようになります。多デバイス対応となることで、今までの「Windows=パソコン向け」「タブレット&スマートフォン=android or iOS」というイメージを打ち砕き、Windowsはマルチデバイスプラットフォームになる可能性が強くなったと言えるのではないでしょうか。Windows10では、他にも、この考えが軸となった特徴的な変更があります。


デバイスの互換性抜群「ユニバーサル Windows
プラットフォームアプリ(UWPアプリ)」

これは簡単に言ってしまうと、Windows8.xではデスクトップアプリWindowsアプリ(モダンUIアプリ)があり、さらにwindows phone側にwindowsモバイルアプリというものがあります。このうちのWindowsアプリとwindowsモバイルアプリがユニバーサルWindowsプラットフォームアプリに統合されるというだけのことなのですが、ココには大きな野望があると考えられます。

Windowsアプリでは、アプリを実行すると全画面表示されるため、他のアプリを立ち上げた場合、デスクトップアプリのように横並びにしたりしづらいものでした。しかし、ユニバーサルWindowsプラットフォームアプリは、デスクトップアプリのようにウィンドウ展開することが可能となります。しかも、タブレットモードで使用した時やwindows phoneで使用した時にはモダンUIに切り替わるので、デバイスを問わずに使用できます。

こうなるとデスクトップアプリよりもユニバーサルWindowsプラットフォームアプリの方が便利なアプリケーションだと言えます。するとデスクトップアプリは随時ユニバーサルwindowsプラットフォームアプリに移行されていくのではないかと考えられます。

まさにココがポイントとなります。

Windowsにおけるソフトウエアは、各社各販売元のサイトからのダウンロードやパッケージで購入するのではなく、google playやapps storeのようにマイクロソフトが管理する一つのストア(Windowsストア)から販売されるようになります。(たぶん)

そしてWindowsによるアプリの支配がはじまるかもしれません。
個人的には、早く良い略称ができることを願っています。(UWPアプリが有力?)

20150617_015504
▲Windows8.1のウィンドウズストア


待望のWindows
スタートメニューが復活

Windows8の際にはスタートメニューがなくなり、起動時の画面がパネルのスタート画面となっていて多くのユーザーから批判の声があったせいなのか、Windows8.1では起動時の画面がデスクトップに変わりました。そして、Windows10ではスタートメニューが復活します。しかし、windows7以前と同じスタートメニューではなく、Windows8のスタートメニューを感じさせるようなパネル部分もUIに加わるようです。

いいとこ取りというのが相応しいかどうかは微妙なところですが、個人的に8.1のwindowsボタンを押したらパネルUIが立ち上がるという仕組みは結構好きだったので、パネル数が足りなく感じたりしないか不安もあったりします。

tm_1410_win10_04
▲Windows10のスタートメニューイメージ


音声認識システム「Cortana

音声認識システムはAndroidやiOSでは既におなじみになってしまっているし、Windows phoneでは実装済みの機能なので真新しさみたいなものはありませんが、Windows10で実装されます。日本語実装に関してはまだあまり情報がないようですが、「Hey! Cortana」と言うと音声認識システムが立ち上がるようで、パソコンで仕事をしながら、誰かにお願いしたかのようにネット検索をしてくれるなんてことが可能になりそうですね。


新ブラウザ「Microsoft Edge
」登場

プロジェクト名は「スパルタン」でした。Windows10からリリースされる新しいブラウザです。IEのバージョンアップではなく、Edgeはあくまで新しいブラウザという位置づけのようで、IEは廃止されずに生きるようです。今後も生き続けるのかどうかは不明でした。

Edgeには主にIEと異なる3つの特徴があります。

  1. UWPアプリなのでPC、タブレット、スマートフォンそれぞれで最適動作
  2. 音声認識システムCortanaの機能を統合
  3. 手書きによる注釈追加機能を搭載(およびシェアをしやすい機能の実装)

1はUWPの部分で話した通りです。2も先述したとおりです。3は主にモバイルやタブレットで使用することが多いのではないかと思いますが、指やペンでサイト上に簡単に印をつけることができ、さらにその画面を共有することができます。共有方法はマイクロソフトのクラウドが主体になりそうではありますが、シーンによってはコミュニケーションをはかりやすくなって良いのではないでしょうか。

以上、Windows10の大きな特徴をご紹介しましたが、他にも

  • チャームバーの廃止
  • 仮想デスクトップが使えるようになる
  • コマンドプロンプトでコピーやペーストができるようになる

など、細かな変更はたくさんあります。

このような大きな変更が実施されているWindows10が無償でアップデートできるというのはすごいと思いませんか?

マイクロソフトとしては

・バージョンの古いOS のサポート費用削減
・Windows Store の活性化
・サーフェイスタイプPCの売り上げ向上

など、思惑があるのかもしれませんが、そんな思惑に乗ってみるのも悪くないかもしれません。


後編
では前編を踏まえたうえで、ウェブ担当者に与える影響などをお話していきます。

後編記事の掲載は、Lab-ry Works facebookページでお知らせしますのでfacebookページにて「いいね!」を押していただければ幸いです。