意味・概要

一般的にブラウザと呼ばれる場合、それはWEBブラウザを意味します。ウェブブラウザとはウェブサイトを表示するためのソフトウエアです。

補足説明

ウェブサイトを表示するには、パソコンからウェブブラウザを通して、サーバに、指定したアドレスの情報をリクエストし、サーバから帰ってきた情報をブラウザで表示することができます。ブラウザにはMicrosoftがWindowsの中に初めからインストールしているInternet Explorerや、Googleが提供しているGoogle Chrome、拡張性が高いFireFoxなどがあります。Windows10には、Edgeと呼ばれるブラウザもインストールされていたりと、いくつかのブラウザが存在しており、それぞれに特徴があるため、ユーザーは自分に適したブラウザを選んで使用することができます。また、ブラウザの種類やバージョンなどによって、動作が異なり、サイトの作り方によってうまく表示できないことや動作しないことがあります。

意味・概要

PSDはAdobe社が提供しているAdobePhotoshopで利用されている画像ファイル形式のひとつです。

補足説明

WEBデザインをする際にAdobePhotoshopは、使用するソフトウエアとして代表的なものの一つです。AdobePhotoshopにはレイヤーの概念があり、様々なデザインのパーツを重ねた情報を保持しているため、1枚の画像ではなく、各パーツ画像の抜出しが可能です。写真の加工にも優れているため、切り抜きやコラージュなどにも利用されます。WEBのお仕事で「デザインデータ」という場合は概ね、AdobePhotoshopのデータか、同Adobe社が提供しているFireworksのデータを指します。PSDデータは、編集するためにはAdobePhotoshopが必要となりますが、プレビューするのみであればフリーソフトなども配布されています。