Goope制作サイト事例集

サイトを安価に作って運用を充実させる方法

先日、埼玉で外壁塗装を営んでいる丸神建装様のウェブサイトを制作させていただきました。
当社では、基本として制作を実施しないのですが、クライアント様のご希望によっては、制作をお手伝いさせていただいております。
なぜなら、当社で作ることが最安値になるケースが多いからです。
本件は、まさしくそういった事例となりました。

今回、制作したサイトは、スマホからのアクセスが多数である可能性が高かったため必須項目となる旨をご説明させていただき、レスポンシブウェブデザインを採用させていただくことになりました。
さらに、施工事例をお客様側で簡単に組み込んだり、採用情報やサービスの価格変更などをタイムリーに行いたいということでしたのでCMSの採用が必要となりました。

上記を安価に制作する場合、よくある制作方法として、Wordpressの採用が考えられるかと思いますが、それでも、上記の更新性を踏まえたサイトを構築すると安くても10万円を越えてしまうのではないでしょうか。

今回、お客様としては、トライアルとしてサイトを制作したいという意向があったため、10万円+サーバ費用+集客費用では高いという判断でした。
そのため、当社では、上記の条件を満たしたうえで、3万円で制作させていただきました。
これは、3万円にすることで著しく品質を下げるわけではなく、当社が契約代理店となっているGoopeというサイトを利用させていただくことで実現しました。
Goopeでは、初期契約費用3,000円、月額費用1,000円(サーバ費用込)で利用でき、レスポンシブウェブデザイン対応テンプレートおよびサイトに必要になりそうなCMSが最初から実装されているため、上記費用+ドメイン費用+テンプレートカスタマイズ費用+簡易ロゴ制作費用で制作できたため、30,000円という超低価格にもかかわらず、CMSとレスポンシブデザインを採用したサイトの構築が可能となりました。

制作費用を抑えることができたため、集客費用に投資することができ、
サイト公開直後に見積もり依頼が届いたり、メディアサイトからのインタビュー依頼が届いたりと、反応のあるサイトを実現することができました。

サイトにおいて重要になるのはオーバースペックなサイトを構築するよりも、シンプルでも良いので安く作り、運用に費用を投じて利益を得られるサイトを制作することが非常に重要となります。
素敵なサイトを思うままに制作することが悪だとは言いませんが、そこにコストを投じすぎて、運用費用が回らず、結果的に成果の上げられないサイトになってしまうというのは陥りやすい過ちです。

サイトを制作する際には、初期費用だけではなく、利益を得るための運用費用を意識していただければと思います。