WEBサイトを安価に作って運用を充実させる方法

先日、埼玉で外壁塗装を営んでいる丸神建装様のウェブサイトを制作させていただきました。

今回、制作したサイトは、スマホからのアクセスが多数である可能性が高かったため必須項目となる旨をご説明させていただき、レスポンシブウェブデザインを採用させていただくことになりました。
さらに、施工事例をお客様側で簡単に組み込んだり、採用情報やサービスの価格変更などをタイムリーに行いたいということでしたのでCMSの採用が必要となりました。

お客様の要件をまとめていくと
・PC・スマホの両対応が必須
・ページ数はサービス紹介やお知らせの詳細ページなどを含めると40ページ以上
・お問い合わせフォームが必要
・更新は自分でやれるようにしてほしい
・採用情報を組み込んでほしい
など盛りだくさんなものでした。

CMSを組み込むとなると、Wordpressの採用が一般的にはなりやすいですが、CMSでの更新項目も多く、それぞれのテンプレートを作成していくことを考えると、安くても50万円を越えてしまうため、お客様の予算にマッチしませんでした。

そのため、当社では、上記の条件を満たしたうえで、15万円で制作させていただく手段をご提案させていただきました。
15万円にすることで著しく品質を下げたり、要件を満たせなくなるわけではありません。

本件に関しては、当社が正規代理店にもなっている、GMOペパボ社が展開しているGoopeというサービスを利用させていただくことで実現しました。
GoopeとはWeb上の管理画面から誰でも簡単にWebサイトを作成することのできる、サイト制作サービスで、月額1000円から利用が可能です。
他にも同じようなサービスで、wixやJimdoなどのサービスもありますが、当社としては、継続的な更新がしやすく、SEO対策がしやすいGoopeを推奨しています。
Goopeを利用すると、登録からサイトの初期公開まで最短で30分程度で行うことができます。
登録⇒基本情報入力⇒デザインテンプレート選択⇒その他情報の入力
のステップを踏むだけでホームページが出来上がります。

但し、難点が1つあり、あくまで、テンプレートでホームページのデザインを選ぶだけなので、オリジナリティが乏しく、その会社らしいデザインにすることができません。

そこで、当社が、Goopeの機能の中にある、上級者向け編集機能を使用して、直接htmlやcssなどのコードを調整させていただき、その会社オリジナルのデザインに調整させていただくことで、テンプレートのデザインではない、オリジナルのウェブサイトに昇華させます。

WEBサイトのベースとなる部分をお客様自身がGoopeを利用し作成し、
お客様が手の届かない、デザインの部分や最終的なSEO対策調整などを当社で行わせていただくという
役割分担で、費用を大幅に削減することができるのが、このGoopeというサービスです。
(もちろんデメリットもあります。)

制作費用を抑えることができたため、集客費用に投資することができ、
サイト公開直後に見積もり依頼が届いたり、メディアサイトからのインタビュー依頼が届いたりと、反応のあるサイトを実現することができました。

サイトにおいて重要になるのはオーバースペックなサイトを構築するよりも、シンプルでも良いので安く作り、運用に費用を投じて利益を得られるサイトを制作することが非常に重要となります。
素敵なサイトを思うままに制作することが悪だとは言いませんが、そこにコストを投じすぎて、運用費用が回らず、結果的に成果の上げられないサイトになってしまうというのは陥りやすい過ちです。

サイトを制作する際には、初期費用だけではなく、利益を得るための運用費用を意識していただければと思います。

ウェブサイト制作に関するご相談はこちら

無料相談・お問い合わせ