押さえておきたいヒューリスティック分析の基礎知識

押さえておきたいヒューリスティック分析の基礎知識

日々Web上では、さまざまなサービスや技術が進歩しており、それに合わせてWebサイトもリニューアルしていくことが必須となっています。Webサイトを評価・分析する方法は、いくつかありますが、ここでは、昔から行われている分析法「ヒューリスティック分析」について、取り上げます。

ヒューリスティック分析は、Webサイトの改善を目的とし、専門家が経験からインターフェイス上の改善点を洗い出す分析方法のことです。原則、専門家が取り扱う分析方法ですが、ポイントを抑えることで簡易的な調査を自身で行うことも可能になります。今回は、ヒューリスティック分析を行う上で押さえておきたい基礎知識をご紹介します。

ヒューリスティック分析の準備

まず、ヒューリスティック分析では、チェック項目に基づいて、ユーザー視点でWebサイトを利用した場合に、どのような問題があるのか、ユーザーがストレスに感じる点を把握します。「UI設計」「デザイン性」「操作性」が優れているサイトは、ユーザーもストレスなく、アクセスしやすくなりますが、分析をしていくにあたり、そもそも対象サイトのサービスや目的を理解することが大切です。下記の5つの調査前提を決め、サイトの位置づけを確認しましょう。

1. ターゲット

サイトに訪問する閲覧者の属性を設定します。性別、年代、趣味嗜好、年収、家族構成、職業など、詳細なペルソナを決めておくといいでしょう。

2. サイトの目的

サイトの目的とは、サイトを通じて得たい効果のこと。購入、集客、会員登録、ブランド理解……など。なぜサイトが必要になったのか原点に戻って整理しましょう。

3. 競合の設定

自社サイトをサービスや製品などで競合になると思われるサイトを3〜5社剪定します。選定する際は見たときにデザイン性が優れていると感じるサイトにしましょう。

4. 端末の設定

PCサイトか、スマートフォンサイトか。どちらにするか、両方ともに対応させるのかで、設計が変わってくるので、予め決めておきましょう。

5. 調査対象ページ

調査するページが増えれば増えるほど、時間を要してしまうので、ユーザーの動線を考え、アクセス数が多くなるトップページなど、ページの優先順位を決めておくといいでしょう。

ヒューリスティック分析の実施

5つの調査前提が整理できたら、実際にWebサイトを閲覧しながらチェックリストを作成していき、実施しましょう。チェックリストは、誰にどのように何の目的でサイトを設計するかによって変わってきますが、ここでは一例として紹介します。

ヒューリスティック分析におけるチェックリストの一例

1. サイト構造

  • 主要カテゴリをグループ化してわかりやすくする
  • 複数カテゴリに同じコンテンツを置かない
  • 情報の深さ・幅・量のバランスをとる

2. ナビゲーション

  • ナビゲーションの規則を統一させる
  • ナビゲーションのないページを設けない
  • ナビゲーションは視覚的にコンテンツと区別できるようにする

3. 情報の視認性

  • 情報のまとまりごとにレイアウトを組む
  • 重要な情報は目立つように上部に配置する
  • 情報を詰め込みすぎないように、優先順位をつけて、デザインにメリハリを持たせる

4. ユーザーサポート

  • ユーザーからのコンタクトの手段を限定しないようにする
  • ユーザーの利用条件や制限を一方的に限定しない
  • ユーザーからの疑問が解決できるようにFAQなど設けている

以上のように、サイトに合わせ作成したチェックリストを見ながら、対象ページと、競合サイトを比較していくと、改善点を見出しやすくなります。

ヒューリスティック分析のメリットとデメリット

このように、ヒューリスティック分析は、被験者を必要としないため、あまり費用をかけずに比較的短時間で分析できるのがメリットです。また、先ほどのご紹介したようなチェックリストで網羅されているものがすでに手元にあれば、分析者のレベルに依存せずに分析を行うことも可能です。専門家でなくても、一定水準の評価を短期間で行えます。

一方、デメリットとして、分析者の作業のみで完結するため、分析者の知見に偏ってしまうところがあります。Webサイト改善のための案出しや、優先度を判断するためには、ユーザビリティに関する知識・経験が必要になるため、予め分析者として、ユーザビリティの知識があるエンジニアや、情報設計の専門家が行えるのがオススメです。

まとめ

ヒューリスティック分析は、正しく対象サイトの目的・構造を把握し、チェックリストさえ作れれば、簡単にできます。採用手順としては、初期ステップとしてヒューリスティック分析を行い、分析者の知見に偏らないためにも、別途でユーザーテストやグループディスカッションなどで、分析結果の精度を上げていくとより良いでしょう。

ウェブサイトリニューアルに関するご相談はこちら
無料相談・お問い合わせ