飲食店などの店舗サイトには欠かせない「MEO」って何?

飲食店、美容院、マッサージ店、エステ、ネイルサロンなど店舗を経営されている方であれば、ホームページ制作時に「MEO」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?今回は、そのMEOについてご紹介します。

そもそもMEOって何?

MEOとは、Map Engine Optimizationの略です。主に、Google Mapなどの地図を使用した際の、地図エンジン最適化のことを指します。Googleで検索した結果、検索対象が地図に表示されることがあると思います。こういった検索結果は、GoogleマイビジネスというGoogleのサービスに登録することで表示されるようになります。但し、地図上でも、検索結果は、他社との競争であり、競争に打ち勝ち上位に表示されるように最適化することがMEOまたはMEO対策と言います。MEOもSEOと同様に検索順位を確認しながら、日々対策を打っていくことが大切になります。

MEO実施はどんなメリットがあるの?

地名を含んだ検索キーワードの場合、地図を表示する検索結果になることが多く、地域に寄り添ったサービスを展開している場合、検索で表示が上になればなるほど、アクセス者数が期待でき、集客にもつながります。さらに、スマートフォンの利用者の一般化に伴い、店舗などへの行き先検索でも使われるようになりました。そのため、店舗集客を期待するウェブサイトであればMEO対策をすることをオススメします。

MEO対策した方がいい業種は?

MEOは地図を表示するため、特に飲食店、美容院、エステ、マッサージ、ネイルサロン、ホテル・旅館などの業種は活用した方がいいでしょう。行きたいお店を探すほとんどのユーザーがGoogle Mapを使っています。Google MapにはGoogleマイビジネス登録することでしか、お店の情報は掲載されないので、自店舗を探してもらうためには、Googleマイビジネスへの登録をする必要があります。

MEO対策って具体的に何をするの?

では、具体的なMEO対策方法の一例をご紹介します。対策は大きく分けて、以下の3つです

1. Googleマイビジネスの登録及びオーナー確認を

Googleマイビジネスを利用するうえで必要となるのがオーナー確認です。
Googleマイビジネスに登録していなくても、Googleがビジネス情報を保有していることはありますが、オーナー確認をしていない場合は、住所や電話番号といった最低限の情報のみしか掲載できません。しかし、オーナー確認を行えば追加でさまざまな情報を掲載できるようになります。ビジネス情報を充実させることによって一般ユーザーに事業の内容をアピールでき、イベント告知・魅力や強みなどを伝えることもできるようになります。また、ユーザーがどのようにして自社のビジネス情報にアクセスしたのかといった分析データを取得できるのも、Googleマイビジネス登録上のメリットの一つです。

2. Googleマイビジネスの内容をGoogleが評価してくれるように情報を拡充する

ユーザーが求める情報を含んだ良質なコンテンツが提供されていて、そのコンテンツがしっかりクロールされて検索結果にインデックスされるように促されていると、Googleが評価してくれます。そのためには、SEO対策が大切です。ユーザーに検索してもらいやすいキーワードを設定し、選定したキーワードをもとに、ユーザーファーストのWebページを作りましょう。この時にユーザーの検索意図をWebページへ落とし込めると、検索エンジンにWebページを認識してもらいやすくなります。たとえば飲食店舗であれば、お店の住所や電話番号などの基本情報はもちろん、メニュー、飲食物の写真、値段、店内写真、お店の特徴など、ユーザーが求める情報をしっかり載せることで、コンテンツとして良質とみなされ、Googleからの評価に繋がってきます。

3. Googleマイビジネスの良い口コミ評価がもらえるように取り組む

まずは口コミ評価をもらうためには、ユーザーが口コミページに簡単にアクセスできるようにしましょう。口コミページへ直接アクセスできるQRコードの作成をオススメします。口コミ投稿画面へ誘導することで、ユーザーもストレスなく、スムーズに書いていただけるようになります。QRコードは、Google Place APIから、Ente a location欄に飲食店などであればお店の名前を入力し、適切なGoogleマイビジネス名を入力すると、Place IDが出てきます。そのIDを下記の末尾につければ、QRコードを作成できます。
https://search.google.com/local/writereview?placeid=

これらの対策きっちりと行うことで、集客機会を大幅に増やすことができます。業種名+地域名などを入れることで、検索上位結果に組み込めるようにしていきましょう。特にローカルエリアではとても有効な手段になります。

MEO対策のコツは?

それは、ズバリ「質」を高めることです。質の高い情報をGoogleは高く評価します。例えば

  • メニューの値段と説明が丁寧か
  • ユーザーに価値のある写真がより多く掲載されているか
  • 室内版ストリートビューを掲載しているか
  • クチコミ(レビュー)評価されているか

などです。

そしてユーザーは最寄りでお店を探す際に、現在地の場所からの距離や、検索ワードで指定された場所から選ぶことが多いので、検索上位に組み込むためには、「関連性」「知名度」の2点を意識しましょう。

<関連性>
Googleマップ検索順位は、検索ワードとGoogleマイビジネスの内容が合致する度合いが影響します。Googleマイビジネスの内容を、検索ワードを考慮しながら、より情報を充実させることで、関連性を高めましょう。

<知名度>
すでに世の中で名が知れている店は、ネット上でもブログやSNSなどでも店名などが露出するため、Googleはそれらの情報も収集した上で、知名度を確認する材料にしています。知名度を上げるためには、マイビジネスの最適化はもちろん、SNSなどでシェアされる仕組みづくりも大切になってきます。

MEO対策、まずはGoogleマイビジネス登録を!

MEO対策で重要なのは、Map上で自店舗を「見つけてもらえるための施策」と「選んでもらえるための施策」の両面を行うことで、知ってもらうべき情報が、ユーザーに伝わるようになっているかどうかです。そのためにも、Googleマイビジネス登録をし、良質なコンテンツの掲載を心がけるようにしていきましょう。

ウェブサイトに関するご相談はLab-ry Worksまで
無料相談・お問い合わせ