意味・概要

javascriptはHTMLで特殊な動きや特殊な機能を持たせるためのプログラムです。HTMLよりも複雑な表現が可能となるため、ウェブサイト上で画像やテキストを動かしたりすることができます。

補足説明

数年前までは、ボタンにマウスを乗せた際に色が変わったり、動きがあったものもjavascriptで表現されていましたが、近年ではCSSで装飾として表現できるようになったため、CSSで表現することが多く、javascriptではウェブサイト上で動くゲームなどのようにCSSでは表現しきれない複雑な機能を持ったコンテンツに使用されることが多くなっています

意味・概要

CMSとはコンテンツマネージメントシステムの略称で、コーディングをしなくても、ウェブサイトのコンテンツがブラウザを通して、ウェブサイト上から簡単に更新できるようにするシステムです。

補足説明

多くの企業で「お知らせ情報」の更新などで使用しています。企業だけではなく、個人などが利用するブログのシステムもCMSを活用しているシステムの一つです。CMSはマネージメントすべきコンテンツの内容に合わせてオリジナルで作成されたシステムから、ベースが組み立てられているシステムをカスタマイズして使うような「パッケージ」と呼ばれるものまであります。有名なパッケージとしてWordPressやMovable Typeというものがあり、有料のものから無料のものまであります。

CMSを導入することで、更新内容によっては制作会社に依頼することなく更新できるため、更新費用の削減させることができる場合があります。但し、CMSの導入費用が高くなるケースもあるため、更新頻度や更新内容によっては、CMSを導入しない方が結果的に低予算で納められる可能性があります。

意味・概要

CMSの一つで、無料で利用できるプラットフォームです。

補足説明

ブログを簡単に作成することができ、プラグインという追加機能を無料で組み込むことができるため、商品情報や新着情報など様々な更新を自身で簡単に行うようにできます。
無料で利用できるのとプラグインで多くの追加機能をつけ足せるため自由な表現がしやすく、幅広いサイトで利用されています。
但し、大企業などでは、セキュリティ面などを危惧し、Wordpressを利用しないケースも少なくありません。

意味・概要

UXとは、ユーザーエクスペリエンスの略で、ユーザーがサービスや製品を利用して得られる体験のことを指します。

補足説明

例えば、ホームページやアプリなどの場合、デザインがとても素敵だったり、フォントが読みやすかったり、購入完了までの導線がわかりやすいなどの表層的な部分から対応が丁寧だったり、商品のクオリティが高いというようなサービスの質に関わる部分など、サービスを利用していく中でユーザーが感じたこと全てがUXになっています。UXはUIとセットで表されていることが多いですが、また別のものです。UIはユーザーインターフェイスの略で、ユーザーの目に触れる部分・使用する部分をすべて指しています。UXとは、違うので認識を間違えないように注意しましょう。

関連情報

結局、UX(ユーザーエクスペリエンス)って何?

意味・概要

PDCAとは、「Plan(計画)・Do(実行)・Check(点検・評価)・Act(改善・処置)」のそれぞれの頭文字を取ったもので、仕事をどのような過程で回すことが効率よく業務を行えるようになるという理論のことを指します。また、そのことをPDCAサイクルと呼ばれています。

補足説明

具体的には、Plan(計画)は従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成することを指し、Do(実行)はPlanでたてた計画に沿って業務を行い、Check(評価)は業務の実施が計画にきちんと沿っているかどうかの評価を行い、Act(改善)は実施が計画に沿っていない部分を調査して改善を行うことを指します。このような考え方は、様々な管理システムにも用いられています。

意味・概要

PSDはAdobe社が提供しているAdobePhotoshopで利用されている画像ファイル形式のひとつです。

補足説明

WEBデザインをする際にAdobePhotoshopは、使用するソフトウエアとして代表的なものの一つです。AdobePhotoshopにはレイヤーの概念があり、様々なデザインのパーツを重ねた情報を保持しているため、1枚の画像ではなく、各パーツ画像の抜出しが可能です。写真の加工にも優れているため、切り抜きやコラージュなどにも利用されます。WEBのお仕事で「デザインデータ」という場合は概ね、AdobePhotoshopのデータか、同Adobe社が提供しているFireworksのデータを指します。PSDデータは、編集するためにはAdobePhotoshopが必要となりますが、プレビューするのみであればフリーソフトなども配布されています。

意味・概要

チャットワークとは、ビジネス利用に特化したツールでタスク管理やフェイルの共有、チャットツールとしても利用されているコミュニケーションツールのことを指します。

補足説明

チャットワークではチャットツールのように、1対1やグループでリアルタイムに会話が可能なほか、メッセージの履歴を対象とするキーワード検索やタスク管理などビジネス用途向けの機能を多く用意されています。また、サーバーとの通信はすべて暗号化されており、セキュリティに関しても安心して使用ができ、ブラウザで見るだけでなく、デスクトップやスマートフォン、タブレットなど様々な環境で利用できるなどたくさんのメリットがありますので、ぜひ導入を検討してみるのもいいでしょう。

関連情報
チャットワークとSlack、どちらが良いか?

意味・概要

CPAとは、Cost Per Acquisitionの略で、インターネット広告でコンバージョン1件あたりにかかった広告費用を示す値のことを指します。

補足説明

CPAとは、広告施策を行った商品やサービスなどを購入してもらい、利益につながる成果をいくらで獲得できたのかという指標になりますのでとても重要視にされています。

CPAの仕組みとしては、ウェブサイトに表示された回数やクリックされた数などに全く関係なく計算ができます。計算式は「CPA=広告費用÷コンバージョン数」で成果単価が求められます。そして、CPAの数字が実際にかかっているコストや費用より上回っている場合、その広告はうまくいっていないということになりますので、今後検討する材料になります。

意味・概要

CPCとは、Cost Per Clickの略で、インターネット広告でクリック課金型の広告のことを指します。また、簡単にいうと「クリック単価」と呼ばれています。

補足説明

ウェブページに掲載したインターネット広告がクリックされ、広告主のサイトに訪問者が訪れると広告主に課金されるという仕組みです。CPCは効率的に購入者などのお客様をサイトに連れてくる方法を見極める重要な指標の一種です。CPCを決定する基準としてはビックキーワードと呼ばれている検索回数多いキーワードや競合が高いキーワード、検索回数は多いけど競合性が低いキーワードなど様々です。

また、「CPC=かかった広告費÷その広告で獲得したクリック数」でクリック単価を求められます。広告の一種として検討してみるのもいいでしょう。

意味・概要

CSFとは、Critical Success Factorの略です。そして、KSFとはKey Success Factorの略です。どちらも目標達成のために注力すべき、取り組むべき目的や行動・課題のことを指します。

補足説明

組織や個人でも目標達成に向けて行動するには、限られた予算や資源の中で最も効率的に活用していくために設定するものです。なので目標を達成を左右する様々な要因や課題を行動の中からCSFまたはKSFとしてしっかり定める必要があり、設定されたCSFまたはKSFは優先的に予算や資源を使用できるのです。しっかりと課題や行動を見極めるのは最初は難しいかもしれませんが、目標達成するためには必要なことです。